Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.

Please reload

​◼︎NEW

2017.1.23(mon)-26(thu) 田中美希恵

January 28, 2017

▼1.23(Mon)

宿泊しているホテルのWi-Fiがよく途切れたりしていて、部屋はまだいいのだけど朝食を食べる場所のWi-Fiはとにかく調子が悪かった。

ところが今朝は普通に繋がった、というか使えた。

今までは何だったのだろう。

 

今日はNeelと山本のバンガロールの俳優向けWSを午前中に行っていた。

私は参加しなかったが話を聞く限りとてもおもしろいWSだったらしい。

その後同じスペースで少しだけリハーサル。

ラストの部分を少し直した。

ムンバイ公演も集中して頑張りたい。

 

夜ご飯はホテル近くの食べ放題のお店へ。

美味しくてたくさん食べた。

「ビュッフェのレベルはアイスの美味しさで決まる」と言うと福原に美希恵語録と揶揄られてしまった。

 

帰宅すると部屋のWi-Fiがまた繋がらず、私は今廊下で上の階の山本が持ってるWi-Fiの電波を拾いながらこれを書いている。

廊下暑い。気のせいかしら。

 

 

▼1.24(Tue)

朝早くホテルを出発しムンバイへ。

ムンバイは暑い。といっても30℃超えぐらい。

といってもやはり暑い。

 

少し休憩してから劇場(Sitara Studio)へ向かいランスルー。

ここはサイズは小さめだけどタッパ(天井までの高さ)もあって、床にグレーリノリウムが敷いてあって、リノ好きの私としては○をあげたいです。

ブラックボックスではないのが惜しい点です。(あまり関係ないところですが)

25日と26日の夜、2回しか公演を行わないのにかなりの予約があるらしい。(しかしインドは有料だとしても当日に気分が変わったりすることが普通らしく予約は多めに受け付けているらしい)

ムンバイ公演どうなるんだろうか。

 

ムンバイでの宿泊先のホテルのごはんが美味しい。

明日の朝食も期待。(朝食は7時半~9時半←メモ)

 

 

▼1.25(Wed)

昨晩椎橋と話しながら寝落ちてしまっていた。

(何回か椎橋が私が寝落ちないように心配して話し掛けてくれてた)

かろうじてメイクは落としてたのでよかった。

 

朝ご飯が美味しかった。

パンが美味しい。パラダイス。(パン好き)

 

ムンバイ公演初日。

バンガロールでもそうだったのだけど、仕込みにとにかく時間がかかる。

夫津木さん曰く、インドではテクニカルの技術が足りていないとのこと。

確かにそう思う。様々な点で感じるけどこの国はたぶん誰も効率なんて求めていない。

日本みたいに商品をどんどん発展させていくことがない。シンプルな構造でこの国はできている。

しかし皆作品のためにいろいろ考えて準備してくれていることがわかっているので別に気にならない。

ここはこちらの郷ではないしそちらの郷に従う。

日本では劇場の仕込みが終わったらテクニカルリハーサル、ゲネプロ、本番、直し、本番、直し、、という感じの流れだけど、このツアーにおいては仕込み、ランスルー、フィードバック、本番という日本ではなかなか体験できない流れを体験している。

 

山本曰く、今日は皆が皆相手をキャッチしようとしててよかったらしい。

 

終演後舞台監督のChiranjitが散髪してきていた。

本番中散髪してきた舞台監督初めて見たよ。笑

自由だなーインド。

ちなみにチル(Chiranjitのあだ名)は散髪して21歳感を取り戻していた。(髭があると大人っぽくなる)

チルの可愛さ世界に発信したい。

 

 

▼1.26(Thu)

昨晩は椎橋がお風呂に入っている間にメイクしたまま寝た。くぅ~。

そろそろ無茶はできない。

 

ランチにシーフードメニューが多めのカレー屋へ。

ムンバイは海が近いのでシーフードが豊富なのだ。(もちろん生では食べない)

外はものすごく暑かったしお店まで意外と歩いたので疲弊してしまった。

気を抜くと疲れが出そうと思ってアップをいつもより多めに。

 

ムンバイ楽日。

いろいろあったけど、ムンバイ公演を行ったSitara studio、すごくやりやすい空間で作品にも合ってた感じがしたしお客さんも観やすかったのではと思います。

帰り際に壁にサイン書いた。

またムンバイ来れますように。

 

夜ご飯は福原以外の日本人でホテルのルームサービスを食べた。

ここのホテルのごはんは本当に美味しい。

パラクパニール(ほうれん草とヤギのチーズのカレー)がとても美味しくて実はここで数回食べている。

 

実は明日が誕生日なので夫津木さんと椎橋が日付が変わるまで待っててくれた。

ささやかにお祝いされた。今年は一人じゃなくてよかったー。

明日はプネに移動。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

◼︎SNS
Please reload

​◼︎ARCHIVE
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square