top of page
fix_230518_KokoronoKoenado_KV_fix2.jpg

範宙遊泳『心の声など聞こえるか』

作・演出:山本卓卓

​音楽:曽我部恵一

出演:福原冠 井神沙恵 石原朋香 狩野瑞樹 山本卓卓

2024年7月6日(土)〜14日(日)

東京芸術劇場 シアターイースト

「キミがどんなに世界に軽蔑されても、ボクはキミを軽蔑する世界のほうを軽蔑するし、してきた。」

第66回岸田國士戯曲賞受賞作『バナナの花は食べられる』で描いた“人情”のその先、“愛”のフェーズ━━━

本作をもって劇団公演では作家に専念すると宣言した山本が最後に演出を手掛けるのは、2021年に書き下ろした“愛”の戯曲。

炎上して社会的制裁を受けたコメンテーターの夫を演じるのは、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ジャズ大名』(福原充則演出)、ロロ『BGM』『オムニバス・ストーリーズ・プロジェクト(カタログ版)』(三浦直之演出)など、劇団外でも様々な世界観の中で新境地を開拓し続けている福原冠

隣人のゴミ捨てに異様な執着をみせるその妻に、演劇ユニット・モメラスのメンバーであり『バナナの花は食べられる』(2021.2023)や本作初演(2021)に続く範宙遊泳出演となる井神沙恵

隣人トラブルや夫婦間のささいなすれ違いに悩みながら新築の隣家で暮らす若夫婦に、多彩な小劇場演劇に参加し自身でも演劇とダンスの間の表現を探究し創作を行っている石原朋香と、「三転倒立」所属、演劇ユニットせのび、ザジ・ズーなど今もっとも勢いのある最若手劇団に出演歴を持つ狩野瑞樹

そして夫婦を執拗に追いかけるパパラッチを、作・演出の山本卓卓が自ら演じます。

音楽を手がけるのはミュージシャンの曽我部恵一。お互いの創作物のレビューをしあう機会に恵まれ、あいだに作品を挟んでの交流から、初めての共作へと発展します。

隣接する2つの一軒家に暮らす2組の夫婦。ゴミ捨てをめぐるご近所トラブルから見え隠れする、それぞれの秘密や亀裂。

夫婦という最小単位のコミュニティから日本社会を浮かび上がらせ、罵倒や暴力の先にある人間の優しさと愛を描く本作に、どうぞご期待ください!

出演者コメント

不安や不満、期待や予感は紙に書く。考えてること、考えても意味のないことも含めて頭に浮かんだことは全部書く。そんな習慣がもうかれこれ数年続いています。書かないと自分の気持ちが分からない。立ち止まらないと心の声に気づけない。書くとすっきりするからという理由で続けているこの習慣は、もしかしたら自分の心の声に耳を傾けるためのトレーニングなのかも。じゃあ他人の声はどうだろう。聞こえなくとも想像ならできるかな。あれこれ考えつつ悩みつつ、想像しつつ妄想しつつ、思いっきり創作にのめりこみたい。そんな気持ちで今はいます。

 

━━━ ​福原冠

いまの私は、この作品のことを、愛と祈りの物語だと思っています。

 

2021年、川口智子さんの演出のもとで本作を届けることができ、今回新たに山本卓卓さんの演出によってみなさんへお届けする機会に恵まれたこと、そこに参加できること、心が光るような気持ちです。

すばらしいキャスト、スタッフのみなさんと稽古を重ね、劇場へお越しくださるみなさんに作品と出会っていただくときが楽しみでなりません。

 

2024年7月、どうぞよろしくお願いします。

 

━━━ 井神沙恵

ここ数年、ずっと頭の片隅に、いくつかの問いがあります。

身近な誰かが大きな悲しみや怒りにぶちあたったとき、そばにいる自分がその人の味方になるためには、なにをすればよいのか。どういう状態であればよいのか。

味方であることを、その人にどうやって伝えればよいのか。

誰かの味方になることで、知らず知らずのうちに他の誰かを傷つけはしないか。

そもそも相手は、私が味方でいることを求めているのか。

(…てか、さっきから「味方」ってなんだ?)

 

今回の作品は、それらの問いについて、はっきりとは言えなくとも、自分なりの答えを探してみんなで旅に出るようなものになるのではないかな、と、台本を読んでまず感じました。

絶望と希望、愛おしさも詰まった言葉たちをかみしめながら、稽古に臨みます。

 

ずっと憧れていた範宙遊泳の作品に出演できること、魅力的な共演者・スタッフのみなさま、高校演劇の都大会以来で立つシアターイースト、全てがとっても楽しみです。劇場でお待ちしています!

━━━ 石原朋香

電車とか喫茶店とか、聞こえてくる会話がしんどいと、イヤホンをします。耳を塞げば、ぜんぶが自分には関係なくなるからです。でもそうやって、自分には関係ないことにすればするほど、沢山とりこぼします。だから耳を塞ぎたくないです。でもでも、耳を塞がなければ自分の身と心を守れないときがあります。でもそれでもどうしても聞かなきゃいけないときがあって、特に自分にとって大切な人の声だけはちゃんと聞きたい、それを怠ることだけは絶対やばい、でも自分にはちゃんと聞けているか、ちゃんとがなんなのかもかなり怪しいです。

諦めないようになりたいです、よろしくお願いします。

 

━━━ 狩野瑞樹

ひとつの言葉に複数の意味や魂を込めるのが私の仕事のひとつであると私は考えています。これは言葉の絶対性を放棄したいということではありません。例えば愛という言葉は絶対的であることを私は疑いません。けれどもその愛も、私とは違う人間ひとりひとりの実感が生まれることによって相対的なものになっていきます。その実感の確認をするために人は人と関係をします。あるいは関係を断絶します。そうしていくうちに絶対的な愛が、相対的な物語となっていくわけです。それを私は表現したい。してきた。というか今作でもします。なるたけやわらかく、やさしく、でもスパイシーで重層的なものに。

 

━━━ ​山本卓卓

初演時書評より一部抜粋

 

「プレビューとしての書評|私に聞こえていたのは誰の声なのか?」清田隆之 

 

 炎上、メディア・リンチ、社会的制裁、ジェンダー格差、セクシュアリティ、マジョリティ男性、ご近所トラブル、家族のあり方、地域社会、自他の境界線、言葉の暴力、利己と利他、新型コロナウイルス、芸能人化するコメンテーター、ブルシット・ジョブ、監視社会、持続可能性、気候変動、脱炭素、オーガニック、オーガズム、科学とスピリチュアル、自己責任論、メンタルヘルス、過剰適応、ケアと共感、正義とは何か、コミュニケーションとは何か、愛とは何か──。

 ***

 ゴミ出しをめぐるご近所トラブルがいつの間にか「脱炭素」を思わせる環境問題へと接続されている。SNSの裏垢に書き込まれた主婦の愚痴から日本社会における雇用や同調圧力の問題が浮かび上がる。炎上したコメンテーターと追いかける記者のやりとりには大衆の欲望と資本主義の論理が絡んでいる。すれ違っているのかかみ合っているのかよくわからず、SFのようでもあり現代的な物語でもあり、空疎なようでいて本質的なようでもある。

初演サイトから全文を読む

2024年7月6日(土)〜14日(日)

7月6日(土)18:30★

7月7日(日)14:00

7月8日(月)休演日

7月9日(火)19:00

7月10日(水)19:00

7月11日(木)14:00

7月12日(金)19:00

7月13日(土)14:00/18:30

7月14日(日)14:00

受付:開演45分前/開場:開演30分前

上演時間:約90分〜120分程度を予定

★アフタートーク:詳細決まり次第ご案内いたします

東京芸術劇場 シアターイースト

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

電話 03-5391-2111(代表) 

<受付時間>9:00~22:00(休館日を除く)

アクセス:JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口直結。

一般:4,500円

U25:3,500円

高校以下:1000円(一律)

遠方割引・障がい者割引: 各1,500円引き

当日券:各500円増し

※各種割引チケットは証明書をご提示ください。

※遠方割引は一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)以外よりお越しの方が対象です。

※障がい者割引は介護者1名様も同一料金で承ります。フォームより2枚でお申し込みください。

5月18日 (土) 10:00 一般発売

※入場整理番号付き自由席

※整理番号はご予約順に割り振られます。

※開場時、チケットに記載されている整理番号順にご入場いただきます。

 各プレイガイド1番から発行しているため、同じ番号の方が複数いらっしゃいますが、同時にお入りいただきます。

※前売りチケットは、クレジット決済またはコンビニ入金、事前発券が必要です。

※ご予約の変更、チケットの再発行はできません。

※開演時間を過ぎますとお席にご案内できない場合がございます。

​※未就学児入場不可。

※車椅子でご来場の方はスペース確保のため、事前に劇団にご連絡いただけますと幸いです。

【一般・U25】

​ 事前決済・発券または電子チケット

​ 6つの窓口がございます。それぞれお求めやすいプレイガイドをご利用ください。

とにかく安く買いたい方にオススメ。

登録不要・手数料無料(チケット券面額のみ)

Web(スマートフォン・PC) ローソン ミニストップ

すでに会員の方、お近くにローソン・ミニストップがある方にオススメ。

Lコード:34801

Web(スマートフォン・PC) ローソン ミニストップ

すでに会員の方、お近くにセブンイレブンがある方にオススメ。

リセールあり。

Lコード:526823

Web(スマートフォン・PC) セブンイレブン

すでに会員の方、窓口やお電話で買いたい方にオススメ。

当日劇場で紙のチケットを受け取れます。

電話:0570-010-296

窓口:東京芸術劇場1階ボックスオフィス

(休館日を除く10:00~19:00)

すでに会員の方、お近くにファミリーマートかセブンイレブンがある方にオススメ。

電子チケット(スマチケ)も選択可。

Web(スマートフォン・PC) ファミリーマート・セブンイレブン

発券不要。QRコード読み取りでスムーズにご入場いただけます。

高校以下・遠方割引・障がい者割引】

​ Peatixのチケットフォームを使用しています。

 システム上無料チケットの表記がございますが、当日受付にて現金精算です。

出演:福原冠

   井神沙恵

   石原朋香

   狩野瑞樹 

   山本卓卓

作・演出:山本卓卓

音楽:曽我部恵一

美術:中村友美

照明:富山貴之

音響:池田野歩

衣裳:臼井梨恵

舞台監督:原口佳子

演出補佐:植田崇幸

演出助手:木村友哉

宣伝美術:工藤北斗 

制作:藤井ちより

プロデューサー:坂本もも

協力:プリッシマ

   モメラス ユーステール

   三転倒立

    ROSE RECORDS

   合同会社Conel

   モモンガ・コンプレックス

   ザジ・ズー

   合同会社ロロ

   森下スタジオ 急な坂スタジオ

助成:芸術文化振興基金

   公益財団法人セゾン文化財団(セゾン・フェロー)

提携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

企画制作・主催:合同会社範宙遊泳

合同会社範宙遊泳

090-6182-1813

hanchu.ticket@gmail.com

https://www.hanchuyuei2017.com

5.山本卓卓png.png

作・演出・出演

山本卓卓

Suguru Yamamoto

作家・演出家・俳優。範宙遊泳代表。

山梨県生まれ。

幼少期から吸収した映画・文学・音楽・美術などを芸術的素養に、加速度的に倫理観が変貌する現代情報社会をビビッドに反映した劇世界を構築する。

オンラインをも創作の場とする「むこう側の演劇」や、子どもと一緒に楽しめる「シリーズ おとなもこどもも」、青少年や福祉施設に向けたワークショップ事業など、幅広いレパートリーを持つ。

アジア諸国や北米で公演や国際共同制作、戯曲提供なども行い、活動の場を海外にも広げている。

ACC2018グランティアーティストとして、19年9月〜20年2月にニューヨーク留学。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

『バナナの花は食べられる』で第66回岸田國士戯曲賞を受賞。

公益財団法人セゾン文化財団セゾン・フェロー。

​撮影:雨宮透貴

2井神沙恵.png

出演

井神沙恵

Sae Igami

俳優。愛媛県出身。早稲田大学第二文学部卒。

大学卒業後、古書店に勤務。

2012年より俳優として活動を始める。

2014年、演劇ユニット・モメラスの第1回公演に出演、以降メンバーとして全ての本公演に参加。

最近の主な舞台に、範宙遊泳『バナナの花は食べられる』、鵺的『天使の群像』、elePHANTMoon『落書き』など。

映像作品に、MBSドラマ『奪われた僕たち』、映画『胴鳴り』(楫野裕監督)、映画『ヒエロファニー』(マキタカズオミ監督)などがある。

キャスト顔写真-3.png

音楽

曽我部恵一

Keiichi Sokabe

1971年8月26日生まれ。

乙女座、AB型。香川県出身。

'90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活動を始める。

1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。'70年代の日本のフォーク/ロックを'90年代のスタイルで解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。

2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。

2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始する。

以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。

3石原朋香.png

出演

石原朋香

Tomoka Ishihara

1996年東京都生まれ、北海道育ち。

東京藝術大学 大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 修了。

主な出演作に、ロロ『BGM』(作・演出:三浦直之)、青年団リンクやしゃご『ののじにさすってごらん』、『てくてくと』(いずれも作・演出:伊藤毅)、theater apartment complex libido:『libido: 板倉鼎/須美子』(演出:岩澤哲野)、かまどキッチン『燦燦SUN讃讃讃讃』(作・演出:児玉健吾)他。

また、自身でも、演劇とダンスの間の表現を探究しつつ作品制作を行っている。DANCE×Scrum!!!2020(あうるすぽっと)にてソロパフォーマンス『ガラスの音、まくの中、消えては浮かぶキャンパー』を上演。

演劇ワークショップの講師、舞台やアートプロジェクトの宣伝美術もつとめるなど、領域を横断して活動中。

1福原冠.png

出演

福原冠

Kan Fukuhara

俳優・ワークショップファシリテーター。神奈川県出身。明治大学文学部卒業。2014年より範宙遊泳に所属。2015年からインタビューによって作品を立ち上げるユニット「さんぴん」を始動。2016年から俳優・ダンサーによる稽古会(通称:無題の稽古会)を企画。国内外の古典作品から現代劇まで幅広い作品を通じて言葉と身体について考える場を運営している。近年は、身体能力を活かしてダンス公演にも出演。フラットな表現と鋭利な表現を行き来する、浮遊感が魅力である。また、ワークショップファシリテーターとして学校や劇場で演劇のワークショップや演劇を使ったコミュニーケーションの授業も積極的に行なっている。主な外部出演作に、福原充則演出『ジャズ大名』、ロロ 『BGM』『オムニバス・ストーリーズ・プロジェクト(カタログ版)』、永井愛演出『探り合う人たち』、杉原邦生演出『グリークス』『黒塚』、森新太郎演出『HAMLET -ハムレット-』など。

2023年度アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)フェローとしてニューヨークに滞在予定。

​撮影:朝岡英輔

4狩野瑞樹.png

出演

狩野瑞樹

Mizuki Kano

2001年生まれ。岩手県出身。

桜美林大学を中退し、多摩美術大学に編入。のち卒業。

桜美林で立ち上げた三転倒立、多摩美で仲良くなったザジ・ズー、お世話になっている演劇ユニットせのびなどに出演。

三転倒立では劇作・演出も行う。

主な出演に、演劇ユニットせのび『Sakura o o o 』『アーバン』『レーン』、ザジ・ズー『ZAZI・ZOO JAPANTOUR 2023 FINAL』『MY NAME IS I LOVE YOU』、三転倒立『たくする』、多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科7期生卒業制作演劇公演『音楽』など。

本作は、これまで作・演出を兼任してきた山本卓卓が演出を手放し脚本執筆に専念して、演出家の川口智子さんとタッグを組み、2021年12月に同劇場で初演しました。

岩手県西和賀町で行われた「いわて銀河ホール高校演劇アワード2018」で出会い、同時期にYCY(アーツコミッション・ヨコハマ)のクリエイティブ・チルドレン・フェローシップを受けていた縁で交流が生まれ発展したコラボレーション。

出演者やスタッフも、それぞれ長年創作をともにしてきた人たちに加わっていただき、ハイブリットな座組を形成しました。

お互いに蓄積してきた知見や技術、ネットワークを横断しながら、現代舞台芸術にとってこれまでも課題となっていた「社会からの孤立」や「アーティスト間の断絶」について、新しい”つながり”のスキームを提案する上演となりました。

初演版はU-NEXTの見放題プランで配信しています。ぜひご覧ください。

This is Japan というようなものを描きたいとかねてから考えていた。今回ぼくは劇作に徹し、とにかく、まずは読み物としておもしろく、質の高いものを、と一心不乱に書き上げた。結果、戯曲を上演台本ではなく文学にすることができた。これは劇作と演出を兼務し掌握するのではなく分業し譲渡する意識を持ったからだった。戯曲を深く読み解き根幹のソウルを大事にしてくれる川口智子さん演出のもと、新しい風を感じられる一品になると思う。

作:​山本卓卓

自分の身体のままいていい。感情を動かしていい。劇場は、客席は、そういう場所でありたいと思います。そこには、あの人たちも一緒にいます。

今回の山本卓卓との企画には、“協働”とか“きずな”とか“マッチング”とかいう言葉は似合わなくて、そこには街角の空気があります。家と家に引きこもった結果、玄関から一番遠いベランダに出て、境界線をはさんだ向こうの部屋のベランダに出てきた人にいつもよりちょっと大きな声で話しかける。それ以上近づけないもどかしさよりも、顔も見たことのなかったその人と言葉を交わす喜びと驚きに流される。裏側の街角です。

そんな街角のような、ちょっと不思議な座組になりました。冬には街角に来てくださるお客さんのことを想像しながら、劇場で出会う時間をつくっていきたいと思います。

演出:川口智子

日程

2021年12月

17日(金) 19:00

18日(土) 14:00/18:00

19日(日) 12:00/16:00

会場
東京芸術劇場 シアターイースト

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

クレジット

作:山本卓卓

​演出:川口智子

出演・演奏:井神沙恵 鈴木光介 滝本直子 武谷公雄 埜本幸良 李そじん

   

音楽:鈴木光介

美術プラン:川口智子

音響:島猛

照明:横原由祐 

衣裳:臼井梨恵

小道具:福田秋雄

演出助手:西岳

舞台監督:伊東龍彦

翻訳:クリストファー・グレゴリー

イラスト:川上勇樹

デザイン:工藤北斗

記録写真:鈴木竜一朗

​記録映像:たけうちんぐ

制作助手:藤井ちより

制作:黒澤たける

プロデューサー:坂本もも

協力:時々自動 モメラス ユーステール 劇団黒テント 青年団 東京デスロック ギフト

   モモンガ・コンプレックス シラカン アトリエ ブラヴォ 合同会社ロロ

   森下スタジオ Kスタジオ ローソンチケット チケットぴあ

​助成:文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

   公益財団法人セゾン文化財団(山本卓卓セゾン・フェロー)

 

企画制作・主催:合同会社範宙遊泳

YPAMフリンジ2021参加公演

​初演特設ページはこちら

メディア掲載

創造都市横浜:罵り合いのさきに見いだす愛の喜劇

 ――山本卓卓×川口智子による範宙遊泳新作公演『心の声など聞こえるか』インタビュー

ぴあエンタメ情報:他者に手渡していける演劇を

 ――範宙遊泳『心の声など聞こえるか』山本卓卓インタビュー

ローチケ演劇宣言!範宙遊泳『心の声など聞こえるか』開幕直前インタビュー

――“本当に人がいるということ”を劇場でやりたい|演出家・川口智子

bottom of page