範宙遊泳

Theater Collective HANCHU-YUEI

2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。

すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 

構成員は、山本卓卓(代表・劇作家・演出家)、埜本幸良/福原冠(俳優)、たかくらかずき(アートディレクター)、川口聡(ライター)、坂本もも(プロデューサー)の6名。

 

現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 

近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 

『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

『うまれてないからまだしねない』で第59回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。

『その夜と友達』で第62回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。

<受賞歴>

 

2014年 Bangkok Theatre Festival 2014

     Best Original Script(最優秀脚本賞)・Best Play(最優秀作品賞) 『幼女X』

2009年 名古屋キャンパスフェスティバル大賞 『透明ジュピ子黙殺事件』

2008年 シアターグリーン学生芸術祭優秀賞 『美少女Hの人気』

<国際事業歴>

2020年

●第9回 現代日本戯曲朗読公演『その夜と友達』(ソウル文化財団 南山芸術センター *脚本提供・アフタートーク登壇)

●PUBLIC THEATER ​Under The Radar Festival 2020『となり街の知らない踊り子』(ニューヨーク:ジャパン・ソサエティー)

2019年

●ACC(アジアン・カルチュラル・カウンシル)のニューヨークフェローシップを受け、山本卓卓がニューヨーク留学(9月〜20年2月)。

アジア劇作家会議2019  『幼女X』の上演・討論会(インドネシア:IFI-LIP Yogyakarta Auditorium) 

2017年

●範宙遊泳×The Necessary Stage 新作コラボレーション『SANCTUARY-聖域-』

 (シンガポール:Necessary Stage Black Box/横浜:若葉町WHARF)

●2017年日印友好交流年記念事業 範宙遊泳 x The Tadpole Repertory 新作コラボレーション

 『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』(東京:森下スタジオ)

●『幼女X』(ニューヨーク:ジャパン・ソサエティー)

●2017年日印友好交流年記念事業 範宙遊泳 x The Tadpole Repertory 新作コラボレーション

 『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』(インド:Bangalore・Pune・Mumbai・Delhi)

2016年

●杭州現代演劇祭2016  『幼女X』(中国:杭州)

●『われらの血がしょうたい』(インド:Kerala・Delhi)

●NY現代日本戯曲英語版リーディング・シリーズ 『幼女X』(英題:Girl X)(ニューヨーク:ジャパン・ソサエティー *脚本提供)

 

2015年

●TPAM in Yokohama 2015 範宙遊泳×Democrazy Theatre『幼女X』(日本×タイ共同制作版)

 (原作:山本卓卓 演出:タナポン・ウィルンハグン(Democrazy Theatre)/山本卓卓 横浜:KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ/タイ:Democrazy Theater Studio)

2014年

●『幼女X』(タイ:バンコク・チュラロンコーン大学)

●日本版 『幼女X』(マレーシア:クアラルンプール・DPAC) マレー版 マレーシアユースフェスティバル2014  『Gadis X』

 (共同演出:Ayam Fared マレーシア:クアラルンプール・BLAC BOX)

<上演歴>

2020年

PUBLIC THEATER ​Under The Radar Festival 2020『となり街の知らない踊り子』(ニューヨーク:ジャパン・ソサエティー)

 

2019年

●チャオ!バンビーニ ~こどもの庭~ 2019

 シリーズ おとなもこどもも 『フィッシャーマンとマーメイド』(長野:まつもと市民芸術館 小ホール)

​●ストレンジシード静岡2019

 シリーズ おとなもこどもも 『フィッシャーマンとマーメイド』 静岡:ギャラリーステージ

●第25回公演 『うまれてないからまだしねない』(東京:本多劇場)

 

2018年

●第24回公演 『#禁じられたた遊び』(東京:吉祥寺シアター)

●第23回公演 『もうはなしたくない』(東京:早稲田小劇場どらま館)

 

2017年

●範宙遊泳×The Necessary Stage 新作コラボレーション

 『SANCTUARY-聖域-』(シンガポール:Necessary Stage Black Box/横浜:若葉町WHARF)

●第22回公演 『その夜と友達』(横浜:STスポット)

●2017年日印友好交流年記念事業 範宙遊泳 x The Tadpole Repertory 新作コラボレーション

 『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』(東京:森下スタジオ)

●第21回公演 『範宙遊泳の宇宙冒険記6D』

 『宇宙冒険記6D』演出を担当。『タイムライン』作・演出・出演を担当。(東京:新宿眼科画廊スペースO)

●クリエイションWS+ショーケース 『ゴドーを待つ人もいない』(名古屋:愛知県芸術劇場大リハーサル室)

●『幼女X』(ニューヨーク:ジャパン・ソサエティー/岩手:西和賀町創造館銀河ホール)

●2017年日印友好交流年記念事業 範宙遊泳 x The Tadpole Repertory 新作コラボレーション

 『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』(インド:Bangalore・Pune・Mumbai・Delhi)

2016年

●杭州現代演劇祭2016  『幼女X』(中国:杭州)

●『われらの血がしょうたい』(インド:Kerala・Delhi)

 

2015年

●第20回公演 フェスティバル/トーキョー15連携プログラム 『われらの血がしょうたい』(横浜:のげシャーレ)

●第19回公演 『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』 『幼女X』『楽しい時間』の作・演出を担当。

 (東京:こまばアゴラ劇場/札幌:コンカリーニョ/名古屋:愛知県芸術劇場小ホール)

●TPAM in Yokohama 2015 範宙遊泳×Democrazy Theatre『幼女X』(日本×タイ共同制作版)

 (原作:山本卓卓 演出:タナポン・ウィルンハグン(Democrazy Theatre)/山本卓卓 横浜:KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ/タイ:Democrazy Theater Studio)

 

2014年

●『幼女X』(タイ:バンコク・チュラロンコーン大学)

●第18回公演 『インザマッド(ただし太陽の下)』(東京:こまばアゴラ劇場)

●日本版 『幼女X』(マレーシア:クアラルンプール・DPAC)

 マレー版 マレーシアユースフェスティバル2014  『Gadis X』

 (共同演出:Ayam Fared マレーシア:クアラルンプール・BLAC BOX)

●eyes plus  第17回公演 『うまれてないからまだしねない』(東京:東京芸術劇場シアターイースト)

●第16回公演 TPAM in Yokohama 2013  『幼女X』(横浜:KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ)

 

2013年

●TACT/FEST 短編 『おばけのおさしみ』(大阪:ロクソドンタブラック)

●第15回公演 『さよなら日本-瞑想のまま眠りたい-』(横浜:STスポット)

●第14回公演 『範宙遊泳展-幼女Xの人生で一番楽しい時数間-』(東京:新宿眼科画廊地下スペース)

 

2012年

●ミソゲキ2012 短編 『おなか、それよりも前』(名古屋:ナンジャーレ)

●東京芸術劇場リニューアル記念「東京福袋」 短編

 『男と女とそれをみるもの(X?)の遊びと退屈とリアルタイム!暴力!暴力!暴力!』(東京:東京芸術劇場シアターウエスト)

●第13回公演 『東京アメリカ(再演)』(東京:こまばアゴラ劇場/名古屋:G/pit)

●第12回公演 『夢!サイケデリック!!』(東京:アトリエ春風舎)

 

2011年

●「範宙遊泳のマジカルミステリーツアー」(東京:幡ヶ谷FORESTLIMIT)

●KYOTO EXPERIMENT 2011 フリンジ“Grundp★”  第11回公演 『ガニメデからの刺客』(京都:元立誠小学校)

●第10回公演 地下スペース杮落とし 『範宙遊泳の宇宙冒険記3D』(東京:新宿眼科画廊地下スペース)

●芸劇eyes番外編 「20年安泰。」 『うさ子のいえ』(東京:水天宮ピット)

●第9回公演 『労働です』(横浜:STスポット)

 

2010年

●第8回公演 『東京アメリカ』(横浜:STスポット)

●第7回公演 『ラクダ』(原作|古典落語『らくだ』 東京:王子小劇場)

●第6回公演 『山梨』(神奈川:桜美林大学プルヌスホール)

2009年

●第5回公演 『少年少女』(東京:神楽坂die pratze)

●第4回公演 『透明ジュピ子黙殺事件』(東京:神楽坂die pratze/名古屋:G/pit)

 

2008年

●第3回公演 『美少女Hの人気』(東京:シアターグリーンBASE THEAER)

●第2回公演 『三倍ママ』(神奈川:桜美林大学徳望館小劇場)

 

2007年

●第1回公演 『地底東京の女』(神奈川:桜美林大学徳望館小劇場)

Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.