FNeufbJaQAYcsuY.jpeg

ストリートシアターフェス・ストレンジシード静岡2022に参加し、市役所併設のカフェにて、新作の短編を上演いたします。

誰もが知っている物語のつづきを自由に妄想して、おとなもこどもも一緒に楽しめる演劇にするシリーズ。

今回は静岡県に縁の深い『かぐや姫』を題材に、月に帰ったかぐや姫のその後を描きます。

ぜひご家族みなさんでご覧ください。

ストレンジシード静岡2022参加作品

範宙遊泳 <シリーズ おとなもこどもも>

『かぐや姫のつづき』

作・演出:山本卓卓

出演:埜本幸良 福原冠 李そじん

2022年5月3日(火・祝)〜5日(木・祝)

5月3日(火・祝) 12:40 / 14:40

5月4日(水・祝) 11:00 / 16:40

5月5日(木・祝) 11:40/13:20WSあり

市役所エリア[ダイニング]・茶木魚

公式サイトのエリアマップ参照

 

制作:藤井ちより

プロデューサー:坂本もも

協力:プリッシマ 急な坂スタジオ

助成:公益財団法人セゾン文化財団(山本卓卓フェロー)

企画制作:合同会社範宙遊泳

範宙遊泳が上演した『かぐや姫のつづき』のつづきを、こどもたちと⼭本卓卓が⼀緒に考えます。できあがった物語を、3⼈の俳優が即興で演じます。こどもたちに劇作家や演出家の⽴場を味わってもらいながら、⼀緒にオリジナル作品を作るワークショップです。

演劇ワークショップ

『かぐや姫のつづき』のつづきを作ってみよう!

 

5月5日(木・祝) 13:20(2時間)

市役所エリア[ダイニング]・茶木魚

対象:7歳(⼩学⽣)くらい〜18歳(⾼校⽣)くらいのお⼦様
 ※あくまでめやすとしての年齢。会話ができるくらいの年齢のお⼦様とお考えください。
 ※『かぐや姫のつづき』のつづきのお話を創作する趣旨のため、事前に作品をご鑑賞いただいたうえでご参加ください。
 ※保護者の⽅はサポートとしてお側についていただいてもかまいません。

定員:10名程度(要予約。4月上旬より申し込み開始予定)
 ※見学者は予約不要。会場の定員に達し次第、入場を制限します。

 

ファシリテーター:⼭本卓卓

参加俳優:埜本幸良 福原冠 李そじん

サポートスタッフ:藤井ちより
プロデューサー:坂本もも

 

企画開発協⼒:コネリング・スタディ(株式会社precog)

助成:公益財団法人セゾン文化財団

企画制作:合同会社範宙遊泳

抽象グラデーション

<シリーズ おとなもこどもも>

『ももたろうのつづき』

THEATRE for ALLのサイトで無料配信中🍑

LOGO_1920_edited_edited.png

作・演出

yamamotosuguru2019.jpg

山本卓卓 やまもとすぐる

劇作家・演出家。範宙遊泳代表。1987年山梨県生まれ。

幼少期から吸収した映画・文学・音楽・美術などを芸術的素養に、加速度的に倫理観が変貌する現代情報社会をビビッドに反映した劇世界を構築する。

アジア諸国や北米で公演や国際共同制作、戯曲提供なども行い、活動の場を海外にも広げている。

『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

『バナナの花は食べられる』で第66回岸田國士戯曲賞を受賞。

公益財団法人セゾン文化財団フェロー。急な坂スタジオサポートアーティスト。

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)2018グランティアーティストとして、2019年9月〜2020年2月にニューヨーク留学。

2020年5月に「むこう側の演劇」を始動し、オンラインをも創作の場として活動している。

撮影:雨宮透貴

出演

nomoto2021_edited_edited.jpg

埜本幸良 のもとさちろう

俳優。1986年生まれ。岐阜県出身。2010年より範宙遊泳に所属。

身体的な演技に定評があり、観客に強い印象を残している。

舞台の撮影・舞台映像の製作・リトミック・中高生への演劇WSなど幅広く活動。

主な外部出演作に、柳生二千翔『アンダーカレント』(作・演出:柳生二千翔)、

CHAiroiPLIN+三鷹市芸術文化センター  太宰治作品をモチーフにした演劇公演 第14回『ERROR~踊る小説4~』(原作:太宰治   振付・構成・演出:スズキ拓朗)、笛井事務所 『愛の眼鏡は色ガラス』(作:安部公房 演出:山崎洋平(江古田のガールズ)、突劇金魚『漏れて100年』(作・演出;サリingROCK)などがある。

出演

feb9cb73ec264554b731fc6ffe1c4908-768x1154.jpg

福原冠 ふくはらかん

神奈川県出身。明治大学を卒業後、活動を開始。

2014年より劇団「範宙遊泳」に加入、以降国内外での公演に参加。

2015年より演劇ユニット「さんぴん」を始動、『君の人生の断片は、誰かの人生の本編だ』をキーワードに「人を通して土地を描く」創作もしている。

主な舞台出演に、東京芸術劇場 プレイハウス『シラノ・ド・ベルジュラック』、KAAT『人類史』、KAAT・KUNIO共同製作KUNIO15『グリークス』、東京グローブ座/シーエイティプロデュース『HAMLET -ハムレット-』、篠田千明『ZOO』、木ノ下歌舞伎『黒塚』、FUKAIPRODUCE羽衣『よるべナイター』、ヌトミック『ネバーマインド』。

TVCM スタッフサービス「意識高い系編」、NHK Eテレムジカ・ ピッコリーナ「奇跡の二人」「空気のように」テレビ東京ゴッドタン「マジ芝居選手権」「ストイック暗記王」など。

​所属事務所はプリッシマ

 

撮影:bozzo

出演

李そじん_edited.jpg

李そじん りそじん

1990年12月3日生まれ。東京都出身。

中高時代の部活で演劇をやりはじめ、日本大学芸術学部演劇学科にて演劇を学ぶ。

2015年より青年団、東京デスロック所属。

現代口語演劇やフィジカルなパフォーマンスを重視したもの等、幅広い作品に出演している。

範宙遊泳には『#禁じられたた遊び』『心の声など聞こえるか』に続き3回目の参加となる。

近年の主な出演作に、DULL-COLOREDPOP『丘の上、ねむのき産婦人科』、オンライン自主企画『三人姉妹の女たち』、テニスコート『かに道楽エビ全滅』、KAAT×東京デスロック『外地の三人姉妹』などがある。

撮影:大内彩加