Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.

PUBLIC THEATER

​Under The Radar Festival 2020

ジャパン・ソサエティー(JS)

舞台公演部2019-2020シーズン

コンテンポラリー・ダンス/シアター

となり街の知らない踊り子

The Unknown Dancer in the Neighborhood

作・演出・振付:山本卓卓(範宙遊泳

出演・振付:北尾亘(Baobab)

2020年1月10日(金)〜14日(火)

ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)

現代社会に蔓延している「他者への無関心」や「無意識のうちの暴力」を描き出す山本卓卓のテキストと、老若男女から電車や犬に至るまで25役を巧みに踊り演じ分ける北尾亘の身体がコラボレートした本作を、Public Theater’s Under the Radar Festival 2020招聘作品として、ニューヨークのジャパン・ソサエティーで上演いたします。

​山本卓卓(範宙遊泳)二度目の北米公演に、ご期待ください!

あらすじ:少ない荷物でダンサーは隣街に旅に出た。その街では誰もが永遠に他人のままで、すれ違おうと泣こうと笑おうと殺されようと関心を持たない。かつての知り合いに再会するも知り合いはダンサーのことを知らないようだった。この街ではすべてが不感症的に通り過ぎ無関心的に交差する。孤独果てしない氷点下のコンクリートの上で、踊ることはダンサーに必要であるのか。

PUBLIC THEATER

​Under The Radar Festival 2020

ジャパン・ソサエティー(JS)舞台公演部2019-2020シーズン

コンテンポラリー・ダンス/シアター

となり街の知らない踊り子

The Unknown Dancer in the Neighborhood

作・演出・振付:山本卓卓(範宙遊泳)

出演・振付:北尾亘(Baobab)

日程:2020年1月10日(金)〜14日(火)

   1月10日(金)19:00+MetLife Meet-the-Artists(レセプションあり)

   1月11日(土)19:00(終演後に出演者との質疑応答あり)

   1月12日(日)13:00

   1月13日(月)休演

   1月14日(火)19:00

会場:ジャパン・ソサエティー内、劇場

   333 East 47th Street, New York, NY 10017

料金:一般$35/JS会員$30

ボックスオフィス:212-715-1258

        (月曜~金曜 11:00~19:00/土日 11:00~17:00(展覧会開催中のみ)

        JSウェブサイト www.japansociety.org

映像:須藤崇規  

音響:宮崎敦子

照明:富山貴之

照明オペレーター:森友樹

舞台監督:小林英雄

衣裳協力:藤谷香子

制作協力:坂本もも

プロデューサー:加藤弓奈

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 国際交流基金

企画制作:非営利特定法人アートプラットフォーム/急な坂スタジオ 範宙遊泳/さんかくのまど

主催:ジャパン・ソサエティー

ビデオ制作:ジャパン・ソサエティー

ビデオ制作:Under the Radar Festival

As Part of The Public Theater’s Under the Radar Festival,

Japan Society 

Proudly Presents 

The Unknown Dancer in the Neighborhood

 

A Contemporary Dance Theater Performance

 

Written and directed by Suguru Yamamoto

Performed by Wataru Kitao 

Japan Society (333 East 47th Street)

Friday, January 10, 7 PM — Followed by a MetLife Meet-the-Artists Reception
Saturday, January 11, 7 PM — Followed by an artist Q&A
Sunday, January 12, 1 PM
Tuesday, January 14, 7 PM

Back by popular demand after his North American debut of Girl X in 2017 at Japan Society, Suguru Yamamoto, one of Japan's hottest young playwright-directors and founder of theater company HANCHU-YUEI, returns with his latest one-man dance theater piece. The Unknown Dancer in the Neighborhood features Yamamoto's signature directing style, in which characters’ thoughts are conveyed through projected words, alluding to the millennial generation's preferred mode of communication—texting. Blending movement, photography and colorful lighting, Yamamoto reveals the indifference and tenderness of a metropolis where the lives of complete strangers continuously interact and coalesce. 

Performed in Japanese with English supertitles. 

Tickets: $35/$30 members 

The Unknown Dancer in the Neighborhood is presented by Japan Society as part of The Public Theater’s Under the Radar Festival 2020.

The Unknown Dancer in the Neighborhood is supported by Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture) and by The Japan Foundation.

image: The Unknown Dancer in the Neighborhood © Ryuichiro Suzuki