INFORMATION 

むこう側の演劇_シリーズ旅の旅_無音の旅.jpg

むこう側の演劇 新作を公開しました

範宙遊泳 むこう側の演劇

シリーズ旅の旅#1『無音の旅』

作・演出:山本卓卓

​2020年10月23日(金)20:00公開

S__40968218.jpg

インドネシアで戯曲集が出版されました

昨年参加したアジア劇作家会議の記録として、インドネシアで戯曲集が出版されました。

『幼女X(英題:GIRL X)』(翻訳:寺田ゆい)と記録写真などが掲載されています。

「STATES OF CRISIS」

COLLECTION FROM ASIAN PLAYWRIGHTS MEETING 2019

36916_1.jpg

​『人類史』に出演いたします

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『人類史』

作・演出:谷賢一

音楽:志磨遼平(ドレスコーズ)

振付:エラ・ホチルド 

出演:東出昌大 昆夏美 /山路和弘 ほか

2020年10月23日(金)~11月3日(火)

KAAT神奈川芸術劇場 ホール

yamamotosuguru_edited_edited.jpg

八王子学生演劇祭2020でワークショップ講師を務めます

八王子学生演劇祭2020

全年齢向け「自宅で演劇!リモート参加」

11月23日(月・祝) 13:30-16:30

定員:10名

参加費:無料

参加申し込み〆切:11月15日(日) 必着

課題戯曲:『卒塔婆小町』を下敷きに書き下ろした『卒塔婆BBA小町』

アートにエールを!東京プロジェクトに参加しています

『とある私の話』

作・編集:山本卓卓

音楽:埜本幸良 福原冠

イラスト:たかくらかずき

制作助手:川口聡 柿木初美

制作:坂本もも

企画製作:範宙遊泳

yamamoto1-e1595834657884.jpg

コラムを執筆しました

演劇創造都市・横浜を経由して様々なフィールドで活躍するアーティストやクリエイターたちが寄稿するシリーズ「around YOK」第二回

創造都市横浜:コロナ禍から生む演劇

〜中堅に差し掛かる若手演劇作家の咆哮〜 山本卓卓さん

image.png

レポートを執筆しました

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)フェローシップ2018を受けた半年間のニューヨーク滞在を振り返り、ACCのサイトに寄稿しました。

本卓卓:NY滞在レポート "ユーモアが分断を越える"

記録映像を無料公開しています

範宙遊泳はこれまでも、積極的に記録映像を無料公開してきました。

コロナウイルス感染拡大により、多くの劇場の扉が閉ざされた今、さらに多くの作品を無料公開することといたします。

再び劇場で上演できる日が来るまで、画面の中でお楽しみいただけますと幸いです。

​今後の活動資金にさせていただきますので、ぜひドネーション・チャンネル登録でご支援のほど、よろしくお願いいたします!

エッセイを寄稿しました

公益財団法人セゾン文化財団が発行するニュースレター「viewpoint No.90」にエッセイを寄稿しました。

 

「viewpoint No.90」

【特集: 舞台で使える英訳を目指して ─ ジャパン・ソサエティーの「日本現代戯曲英訳版プレイ・リーディング・シリーズ」 を振り返る】

●「タネ蒔きにかける使命と夢:日本語戯曲の英訳版リーディング」塩谷陽子

「こわがりな旅人」山本卓卓

●「日本の現代演劇に対する米国の視点 ─ ジャパン・ソサエティーと彼らが紹介するアーティストたちへの、あるプロデューサーの想い」ケイト・ローワルド 

公演中止

文の京リーディングドラマ​ 文豪たちのことば〜

文学作品×朗読×演劇に参加します

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開催中止となりました。

公演を楽しみにされていたお客様には、深くお詫び申し上げます。

文の京リーディングドラマ

文豪たちのことば〜文学作品×朗読×演劇

 

太宰 治『富嶽百景』

構成・演出:山本卓卓

出演:福原 冠、名児耶ゆり 

    2020年6月20日(土)・21日(日)

文京シビックホール・小ホール

ACCCC_0627_final-1.jpg

アーカイブ公開中!

トークイベントに参加します

ACC カルチュラル・カンバセーションズ 〜 シリーズ:

ニューノーマルにおけるアートを考える 〜
 

第一回:コロナ禍と演劇 岩城京子 × 中村 茜 × 山本卓卓

 

●ライブ配信日時:2020年6月26日(金) 18:00-19:30

(トークの後半において視聴者とのQ&A有り)

範宙遊泳より4月公演についてお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止および、日本政府から発表された方針に基づき、下記公演の開催を断念いたします。

楽しみにお待ちいただいたお客様には、このような決定になりましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 

範宙遊泳『ディグ・ディグ・フレイミング! Dig Dig Flaming!』 

2020 年 4 月 10 日(金)〜19 日(日)

東京芸術劇場 シアターイースト

 

今後上演の機会を持てるように、現在劇場と関係者で協議中です。

しばらく先になってしまうと思いますが、同じ出演者、同じスタッフで上演したいと考えております。

ご案内できるタイミングがきましたら、あらためて告知させていただきます。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

範宙遊泳からのコメント、チケットの払い戻しにつきましては、こちらをご確認ください。

Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.