Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.

INFORMATION 

範宙遊泳より4月公演についてお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止および、日本政府から発表された方針に基づき、下記公演の開催を断念いたします。

楽しみにお待ちいただいたお客様には、このような決定になりましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 

範宙遊泳『ディグ・ディグ・フレイミング! Dig Dig Flaming!』 

2020 年 4 月 10 日(金)〜19 日(日)

東京芸術劇場 シアターイースト

 

今後上演の機会を持てるように、現在劇場と関係者で協議中です。

しばらく先になってしまうと思いますが、同じ出演者、同じスタッフで上演したいと考えております。

ご案内できるタイミングがきましたら、あらためて告知させていただきます。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

範宙遊泳からのコメント、チケットの払い戻しにつきましては、こちらをご確認ください。

記録映像を無料公開いたします

範宙遊泳はこれまでも、積極的に記録映像を無料公開してきました。

コロナウイルス感染拡大により、多くの劇場の扉が閉ざされた今、さらに多くの作品を無料公開することといたします。

再び劇場で上演できる日が来るまで、画面の中でお楽しみいただけますと幸いです。

公開スケジュール:毎週金曜日20:00に更新予定。

文の京リーディングドラマ

​文豪たちのことば〜

文学作品×朗読×演劇

​に参加します

若き演出家と俳優たちにより紡がれる、文豪たちのことば​

 

多くの文豪が暮らした街、文京区。彼らにゆかりの県出身であり、人気・実力を兼ね備えた4人の演出家が、文豪たちが残した珠玉の言葉の数々を、朗読と演劇の手法を用い臨場感あるリーディング公演としてお届けします。

文の京リーディングドラマ

文豪たちのことば〜文学作品×朗読×演劇

 

太宰 治『富嶽百景』

構成・演出:山本卓卓

出演:福原 冠、名児耶ゆり 

    

2020年6月20日(土)・21日(日)

文京シビックホール・小ホール