2017.10.16(mon)-10.22(sun) 田中美希恵 in シンガポール

10/16(mon) リハーサル三週目スタート。 先週までにかなり疑問点などを解消する時間をとっていたので、今日は立ち位置や動きをブラッシュアップしていった。 このお芝居は不思議で、気付いたらあっという間にラストシーンになってしまう。 通してみるとまた違うかもしれないけど。 観ている人にいろんなフックかけられるようにしたいと思う。 リハーサル終わったらなんだか皆疲れていて(月曜日だったからかもしれない)、だけどなんとか晩ご飯作った。 例のごとく写真は忘れた。 今日のメニューは熊川の白菜サラダと茹でブロッコリーとチリコンカンみたいなものを作った。 お腹いっぱい。 ごはんを食べながら「どうせなら好きな人にごはん作ってあげたいわ」とぼやいたら、埜本と福原に「まあ俺らで練習しておきなよ」と言われた。 熊川はそのやりとりを見て笑っていた。 10/17(tue) 日本から持ってきた白味噌を使い切ろうと思って味噌炒めにした。 オクラ入れたら程良いとろみ。 味噌はまだたくさんある。 また味噌鍋もしたい。 写真は途中で気付いて(というかほぼ食べ終わりで)撮った。 毎日があっという間だ。 平日は朝8時頃に起きて、10時から18時までリハーサル、スーパーに寄って夜ごはんを食べ終わったらあっという間に21時だったりする。 本を一冊持ってきたのだが読む時間はないかもしれない。 10/18(wed) 今日は白菜と豚バラのミルフィーユ鍋とグリルドポテト。 福原が「これはどうなっているんですか~?」と言いながら食べていた。 と、言われても白菜に豚バラ挟んでざくっと

2017.10.5(thu)-2017.10.7(sat) 福原冠 in シンガポール

10/5 この日は朝7時半に目が覚めた。いつも家を出る15分前に起きる人間があろうことか家を出る2時間前には起きている。全て朝の気持ち良さのなす業だ。恐るべし、気持ちよさ、、。シャワーを浴びてシリアルとヨーグルトを食べてもまだ1時間半もある。30分ほどギターを弾いて、やることがなくてまた眠る。「成功者はみな早起きである」というなにかセオリーめいたものに思いきり背いた行動をしているような気がして若干の背徳感。 午前中の稽古はシアターゲームをしたり劇中に出てくるシャドウという役がどう動くのか考えようという時間になった。この時間が自分的には大きかった。稽古初日から流れていた硬い空気が和らいだかなと感じたからだ。初日からずっとディスカッションとシーンの立ち上げが続いていて、なかなか距離感が縮まるタイミングがなかったというのもあるかもしれない。たかがゲーム、されどゲーム。みんなが体を動かして笑いあえてることになんだか単純にホッとした。ひとまず僕らはゲームをして笑い合える仲なのだ。これもまた時間をかけて育めばいい。 今回の作品はその立ち上げ方も含めて、とてもシャープだ。だからなのか、どこか遊べるポイントはないかななんて思って稽古場にいる。役と、作品の持つ雰囲気に削ぐわないことかもだけどそのシャープさからはみ出してみたくなる。意味がないわけじゃない。なるべく遠回りして本質にたどり着ければよい。そうこうしているうちに、役が見えてくる。そんなことを考えている。 10/6 玄関に置いてあるキックボードに乗って稽古場まで行ってみた。歩いて30分の道のりが15分で着いた。こいつはいいぞ。 稽古はゲーム

2017.10.7(sat)熊川ふみ シンガポール素描

【10.7.SAT】 現地に来てからの初OFFに、バスに乗ってシンガポール国立博物館に行ってきました。 Level1(1F)が常設のシンガポールの歴史のフロア、Level2が動植物の生態のフロア、Level3が産業のフロア。 広かったのでLevel1に絞り英文と格闘しながら周りました。 今でこそ未来都市みたいな景観のシンガポールだけど原住民の生活はとても素朴で面白くて、夢中で観ていたけど世界大戦のエリアに入った途端我に返った。 バンと目に飛び込んで来たのが大きなスクリーンに映された、日本が昭南島としてのシンガポール統治を表した映像でした。 赤を基調とした世界地図の中のシンガポール国土に昭南島の日の出の旗がグサッと刺さるところで、一緒に観ていた小さな子供が「See! Japanese!」と一言。 私は生まれて初めてその場に「侵略した国の人」として立っている、見られていると皮膚で感じました。 こっちではこれがシンガポールの痛ましい歴史として普遍なことをほとんどの日本人は知らない。 そう思った時に私は無意識に、しかも本当に無責任に、「ごめんなさい」と頭の中で言っていて自分でも驚いた。 脚がむずむずする、逃げ出したい、でも逃げる必要なんかない。脚が迷って立ってる。 外に出なければ自国の側面を知ることって、恐らくできない。 しかも皮膚感覚を伴ってはなおさらできないと思う。 世界大戦に私は何の責任も負っていないけど、知ることは自分の了見を広げてくれる。 そこにはできるかぎり責任を背負いたい思いました。 だってすごい威力を持った「シー!ジャパニーズ!」を聞いちゃったから。

2017.10.1(sun)-2017.10.4(wed) 福原冠 in シンガポール

10/1 現在10月7日深夜1時過ぎ。27階建てマンションの18階、地上うん百メートルのベランダからは似た形のマンションがいくつも見えて、その奥には貨物船だらけの海が見える。試行錯誤の一週目の稽古を終えて明日はオフ。ようやく振り返れるかなというところ。ノービアで書いています。 10月1日。この日は朝5時半に起床。7時半の電車に乗れば十分間に合うところをこんなに早く起きなくては行けないのは、出発までにいくつかやるべきことがあるからである。やるべきこと其の1は荷造り。僕はこの荷造りというのが大の苦手。当日の朝にならないとやる気にならない。衣服や整髪料、化粧品、ドライヤー、電圧を変える黒いの、思いつくものをほいほいスーツケースにいれていく。時間がないなかでいるいらないをジャッジしていくそれはなかなかな緊張感。そういえばDJやる時も決まってギリギリじゃないと持ってくレコードを選べず、その日は絶対に部屋がめちゃくちゃになるんだ。今回、衣服は多めに詰め込んだ。というのもインドに滞在した時、持って行った服が少なくて、着る服のパターンに飽きてしまったから。遊びに行くわけじゃないし、家と稽古場と劇場を行き来するだけだけど、結構これでその日の面持ちが変わる。それに少し綺麗目の服も入れておいた。レセプションやパーティーの時に着てく服だ。 やるべきこと其の2、ゲオの返却。前に返却しないままツアーに出てしまい、延滞金がとんでもないことになったことがある。同じ誤ちは繰り返してはならぬ!ゲオは遠い方の最寄駅にある。むちゃくちゃ面倒臭い、、。いやいやいや、ゲオ込みの5時半起床!「面倒くさいならやめちゃえば」

2017.10.9(mon)-2017.10.15(sun) 田中美希恵 in シンガポール

10/9(mon) リハーサル後に劇中で使う映像の撮影をしに海に行った。 夕方の海はタンカーがたくさんいた。 日本だとタンカーがうじゃうじゃといる景色は珍しいから少しワクワクした。 今日は冷凍ごはんで雑炊。超雑ごはん。笑 タマネギニンジンズッキーニを刻んで炒めてだしと醤油、塩コショウ少々で味付ける。 借りてる部屋に電子レンジがないので冷凍ごはんはこうするしかない。 お腹が空いていてすぐ食べてしまったので本日もごはん写真無しです!すみません! 10/10(tue) 書いていた記憶はあるのに文章がなくなっていた。 つまり保存していなかったのにアプリを閉じていたらしい。 ブログあるある。 というか今更ながら私のブログ、テーマが「食」なのです。(皆にテーマ決められた) リハーサルのこと書いてもかまわないのだけど、そこは福原が書いてくれるだろうから、シンガポールの生活のことを書いていこうと思う。 今日は味噌鍋を作った。 野菜をたっぷりと入れた。 シンガポールの野菜は日本より少し安いくらいで、日本の野菜は当然少し高価です。 〆に先日チャイナタウンで購入した海鮮風インスタントラーメンを。 しかし近所のスーパーでもインスタント麺は買えたなと今になって思う。(出前一丁があったりする。) この日こそ写真を撮ろうとしていたのに写真をまた忘れた。 10/11(wed) 全員で焼肉した。 しかし家に深めのフライパン1つしかなく、焼いて皿に出すスタイル。 熊川が作る白菜のサラダがとても美味しい。 やはり日本人は生野菜食べたい民族なんだ。 あとたかくらがホッケンミ

2017.10.2(mon)熊川ふみ シンガポール素描

【10.2.MON】 昨日無事シンガポール入りしました。10月から2月は雨季だそうで小雨でした。 滞在する部屋は民泊的なシステムで高層マンションの18階にあります。部屋が床も壁も天井も白い…ザ・南国…天井にファンがいっぱいついてる…南国。バルコニーから海がよく見えます。 シンガポールって建築物の情報量がとにかく多い。ファッションショーみたいに高層マンションが並んでます。建築物のパリコレみたい。 あんた方、どうしてこんな形になったんじゃいってド奇抜なデザインのビルだらけ。 しかも幾何学模様が多いから近未来感満載。 ですが、よくよく見ると古かったりしてなんとなくぎこちなさを感じたりもする。街が発してるのが歯車が噛み合わないガタガタするエネルギーみたいな。 1年前にこのビル達は誰がデザインしてるんですかって聞いたら、国属のデザイナーがいるらしい。幾何学好きなのかな… 地震がない国だから日本じゃ考えられないような トップに向かってボリュームが増してく形とか(ご存知マリーナベイサンズホテルもそうですね)、ホントに新しい生き物を見てるようで逐一驚きます。 我々がリハーサルと公演をするTHE NECESSARY STAGEが入ってるナショナルライブラリーも渦巻きが付いててカタツムリみたいでかわいい。屋根からは巨大な本達が今にも飛び立ちそうでかわいい。 変な建物いっぱいシンガポール。 理想を追いかける国シンガポール。 なのか?っていう問いかけひとつ、その他メンバー各々の切実な疑問から始まったこのクリエイションです。

2017.10.1(sun)-2017.10.8(sun) 田中美希恵 in シンガポール

10/1(sun) シンガポール到着。 東南アジアの匂い。 夜ご飯は韓国料理を食べた。 帰り道スーパーでいろいろ食材を調達。 明日から自炊できるように頑張ろう。 明日からリハーサルスタートします! 10/2(mon) リハーサル初日。 今日はリハーサルが早めに終わったので近くを探索。 昨日と違うスーパーマーケットにも行ってみた。 日本の野菜とかお菓子、調味料、日用品がどこにでもある。(当然値段は高いけど) 道で日本人ぽい人ともすれ違う。 シンガポールでチェーン展開してるKOI cafe(タピオカトッピングできるドリンクスタンド)にも行ってみた。 タピオカ美味しかったから毎日行きたいぐらい。 あと日本よりサイズ大きくて安いし最高。 晩ご飯に熊川が白菜のサラダ作って、私はブロッコリー茹でて、和風スパゲッティ作った。 台所に鍋が一つしかなくて、なかなか、けっこう手順が大事です。 10/3(tue) 雨。湿度がものすごい。 でも海外って雨降っても傘差さないイメージ。 というのを福原に言ったら、やっぱりそうらしい、パリでも皆オシャレな服着てるのに傘差さないらしい。 今日の献立は炊きすぎて少し乾燥した米をグラタンの素(日本製)に入れてドリア風に。 あと野菜。生で野菜食べられる喜び。 今日もKOI cafeに行ってしまった。 Lサイズが日本より少し安いくらいの値段でサイズが1.5倍くらい、嬉しい。(写真なくてすみません) 他のメンバーもタピオカミルクティーに早くハマってほしい。 10/4(wed) 海外のスーパーは本当に楽しい。 外国語のラベル

​◼︎NEW
◼︎ARCHIVE
​◼︎SNS
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.