2017.10.17(tue)-2017.10.22(sun) 福原冠 in シンガポール

10/17 稽古後にブレードランナーを見た。こっちでは10月頭から公開されている。前作を見たのは遥か昔のことで、あの時期に見たいくつかの映画と記憶がごっちゃになっていて(最近までブレードランナーは黒人の殺人マシーンの映画だと思っていたし、一体俺はなにと勘違いしているのか、それも分からない、、)、内容は正直言ってほとんど覚えていない。でも最後のあの雨に打たれた(打たれていないかも、、、)金髪の人がとても深いことを言っていたような、そしてそれを聞いてるハリソンフォードの表情もすごく複雑な表情をしていた、そのことを覚えているぐらい。でも大人になってから自分の周りにはブレードランナーが大好きな人が多いし、なにかを説明する時にブレードランナーの一場面や設定が引っ張り出して話をするということもある。今回の稽古場でも話が出た。見てないわけではないから乗れないわけではないけど、覚えていないから何も言えない。長年そんな状態だった。だから改めて見てみようと思っていたのだ。大人になって見たら全然違う印象だったなんてことはよくあるわけで。 にもかかわらず2049、なんの予習も復習もなしで見てしまった。結果はというと、むちゃくちゃよかった。そもそもブレードランナーって何のことだっけという人間でも深く感動してしまう、とんでもない映画だった。あんなにも美しく、あんなにも徹底的に孤独を描いた作品、他にあったけな。日本帰ってもう一度見よ。中国語の字幕で見るブレードランナーはサイバーパンク感が増していて妙にはまっていた。 鑑賞中、何度か「聖域」のことを考えた。人間を人間足らしめるものは一体なんなのか。「記憶」があ

2017.11.6(mon)-11.12(sun) 田中美希恵 in シンガポール

11/6(mon) 休演日1日目。 昼過ぎまで寝た。 腰が痛いし今日は出かけるつもりもなかったのでベッドでゴロゴロしていた。 さすがに何か食べようと思って部屋を出たら全員家の中にいた。 そうだよね、今日はもうそういう日だよね。 埜本福原が外に出たついでにおつかいをお願いした。 今日はついに手巻き寿司をやろうという気持ちになったのだ! ジャスミンライスにインドでも作ったフルーツ酢(グレープフルーツとオレンジの果汁を絞り、塩で味付けするだけ)でほぼほぼ酢飯を表現。 具はニンジンキュウリ錦糸卵エビ豚バラ肉ランチョンミートツナマヨネギ味噌。 大葉がなかったからその代わりにとランチョンミートをチョイスしてくれたらしいのだが、ランチョンミートとても美味しかった。グッジョブ! インドより材料が手に入りやすかったこともあり、豪華な感じに! しかしシンガポールも日本で手巻き寿司やろうとするよりかは安価で済んだ。(海苔と味噌は持ってきていたもの) 海外での手巻き寿司パーティーはなんでこんなに楽しいのだろう。 11/7(tue) 午前中に起きたけど今日も昼過ぎまでベッドにいた。 やらなければならない作業が少し残っていて、それを片付けようとしていたのだが、熊川がチャイナタウンにある手芸屋に行くというのでついて行った。 チャイナタウンには安価なお土産屋さんがたくさんあるから、熊川の用事が終わってから友人へのお土産を買った。 正直どのお店でも同じ、ザ・シンガポール的な物ばかり売られているが、充分である。 おそらく最終日はお土産を買いにいろんなところへ行く元気もないだろう

2017.10.30(mon)-11.5(sun) 田中美希恵 in シンガポール

10/30(mon) 俳優小屋入り日。 土日でスタッフ陣が仕込みをしてくれていたので場当たり。(照明と音のキッカケを確認していく作業) 場当たりが押していたけど22時頃通した。 我々が使用している劇場はThe Necessary Stageの劇場なので使用時間は無限なのだ。 22時頃から通す経験はなかったのでなかなか貴重な経験だった。 日付が変わってハロウィンになる頃、地味ハロウィン(Twitterユーザーの方はツイート検索してみてください)に参加してみた。 明日は通しとゲネプロ(本番通りの通し)で2回通しをする予定。 ファイトだ!!! 10/31(tue) 小屋入り2日目。 通しをしてからフィードバック、からのゲネプロ。 小屋入りしてからこんなに通しができるのもすごいと思う。(と関係者なら誰しも思うと思う) 今日から範宙遊泳クルーとして取材のためライターの武田氏がシンガポールに来てくれた。カメラマンの清水さんという女性も明日から合流する予定。 ヘトヘトになって帰宅。 だけどお腹が空いていたから帰り道にあるマクドナルドに寄ってサムライバーガーのセットを購入。(この後ニンジャバーガーというバーガーも発売される) シンガポールに来てから初めてマクドナルドを食べた。 日本のマクドナルドよりクオリティ高いのでは。 バーガーは美味しいしドリンクも日本よりサイズ大きいしポテトは日本と同じぐらいの大きさだけどちょうど揚げたてだったのでより美味しく感じた。 注文はレジ前にあるタッチスクリーンで注文するスタイル。(とても楽だし日本でもこのスタイル導入してほしい)

2017.10.12(thu)-2017.10.16(mon) 福原冠 in シンガポール

10/12 昨日の夜、範宙メンバーで話し合いがあった。話し合いというか、あれはほぼ喧嘩と言っていいと思う。なんだかひどく疲れた。 稽古。この日もいっぱい話した。話しているうちに、話を聞いているうちに作品に対する客観性みたいなものが持てなくなっているような気がしてきている。自分の考えていること感じていることは喋れるけど、正しい選択かどうかが分からなくなっている。たかくらくんはディスカッションにおいて一歩引いてとても冷静に作品について分析している。そういう目線が持てなくなっている。たかくらくんは昨日の話し合いでも冷静だった。答えは必ずしも一つでなくてはいけないか。複数あっては駄目か。作り手はどこまでを決め、どこまでを把握しておくべきなのか。考えれば考えるほど自分には果てしなく思えて仕方がなかった。 10/13 朝から体がだるい。熱もある。やってしまった。稽古中に風邪をひいてしまった。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。稽古期間中にがっつり風邪をひいたのは初めてだと思う。悔しかった。稽古中はしんどいところを見せないつもりだったけど、この日のディスカッションは完全に何もできない状態でいた。卓卓に「大丈夫?」と聞かれ、気丈に振る舞ったつもりが逆ギレみたいになってしまい完全に空回り。まじでアホすぎ。稽古後、全力で寝る。 10/14 深夜に大量に汗をかいて起きた。薬と水を飲んで寝ようとするもなんだか寝つけず、ベッドに横になりながら窓の外の景色を眺めた。シンガポールの夜は明るいのに静かで、そのことがなんだか妙に不気味に思えた。そういう時は音楽だ思ってイヤホンを突っ込み、ONOのミックスを聞きな

2017.11.7(thu) 熊川ふみ シンガポール素描

11.7(thu) SANCTUARY、無事に公演が始まりました。 オーディエンスの反応がとても豊か。感謝の日々です。 今日は休演日。 シンガポールにながらく滞在していると、瞬発的にそわそわするというか、妙な気持ちになる時がある。 部屋の窓から見えている景色はとっても平和。穏やかで、綺麗な不思議なピョウと鳴く鳥の声が聞こえて、白壁のマンションが立ち並んでいて、海には大きな船がたまに汽笛を鳴らしながらゆっくり進んでいく。 都市へ行けばファッションショーのような奇天烈な形のビルが大迫力でダーン、バーンと立ち並んでいて、それに対してなんとなく私は肩をすくめて前を通り過ぎる。 きらびやかなモールは綺麗なものがたくさん並んでいてカラフルで上品で、とても美しい。 たまに三角形をした軍用機が轟音を立てて空をまっすぐ飛んでいく。 本で誰かがシンガポールを竜宮城のようだと言っていたのを思い出す。 幸せそうだ、と感じる。 まだまだ表層しか見ていないというか、いくつにも枝分かれしているうちの1本しか見えていない感じが否めない。 さんざん今回の作品でディスカッションで一緒に作っている彼らからシンガポールが抱えている目には見えない恐ろしさを耳で聞きながらも、肌で感じることができない。あたりまえで仕方ないのだけど。画一的にしかものが見えない。着地点てどこだろう。 リトルインディアという街がある。 リトルインディアはシンガポールに働きに出てきているインド系の人種が住む街で、彼らの大半は所謂ブルーワーカー。 シンガポールの経済を大きく回している。 リトルインディアが好きで、行くととても落ち着く。

2017.10.23(mon)-10.29(sun) 田中美希恵 in シンガポール

10/23(mon) リハーサル第四週目開始。 2日のOFF後の毎週月曜日は俳優全員どこか疲れている。 どこの国も月曜日はこのようなテンションなんだなあ。 気付いたら眉毛のところにニキビ。 かなり根強いやつだ。 こういう大人ニキビ、本番直前感。 福原リクエストでスタミナ丼。 もっともやしでかさ増せばよかったという反省。 適当に作った温泉卵は全然温泉卵ではなくわりと火が通ったゆで卵になってしまった。 まあ適当だったからしょうがない。 10/24(tue) 午前中通しをして、午後は衣裳付きで通しをした。 通しはやはり緊張する。 本番はもっと緊張する。 しかし通しのときの緊張と本番でのそれは少し違うかもしれないと最近思う。 今日は冷凍ごはんが溜まってきたので全部カレーリゾットにした。 こくまろのルーで。(スーパーにある) 固めのゆで卵を作りたかったのだが適当に作ったから少し柔らかかった。 料理時にタイマーとか計量とか正直面倒くさい。 好みに茹で上がればいいと思っている。 だからお菓子作りはしない。(お菓子作りは計量が大事) しかし卵料理は意外と繊細なんだ、それはわかっている。 わかっているけど雑にしてしまう。 他のことでもこういうことあるなあと、反省。 髪の毛の生え際にもニキビ出来た。 寝る前に潰した。 10/25(wed) 今日は茹でたブロッコリーレンコンカボチャwith味噌マヨネーズ、ブロッコリーの茎レンコン大根オクラの卵とじスープ。 根菜は元気出る。 熱帯気候と冷房の寒暖差に疲れている身体には根菜が効く(はず)。 モリモリ食

2017.10.8(sun)-2017.10.11(wed) 福原冠 in シンガポール

10/8 この日もオフ。今回の作品の稽古は月曜から金曜で土日はオフの週休2日制。これからの長くて短い週末の48時間を前に正直、若干まごついる。休みの日を休みっぽく過ごす生活は大人になってからまともに経験したことない気がするのだ。でもこれ、20代の時のお金が無いくせに時間ばかりがある、あの感じとはまた違う。ある程度過ごしたいように過ごすことができる、それは頑張ってもいいし頑張らなくてもよくて、なんなら超無駄にしてしまうこともできてしまう。妙な義務感や束縛もない。それはきっと日本を離れているからなのかも。東京にいるときはこの贅沢なシチュエーションをものすごく渇望するのに、ほいと与えられるとなかなかどう付き合ったらいいか分からない。時間と物事の距離感、これを上手に付き合える人を指して余裕があるとか大人とかいうのかも。要は気持ちのありようだと分かってるけど、いくらイメージしてもなかなか得られるものではないなあ。とりあえずせかせかするのはやめにして、「せっかくの時間を有効活用しよう!」とか、「これしなきゃ!あれしなきゃ!」みたいなことをなるだけ考えないようにしてみようと思う。休日とは目覚めてしばらくのシーツの感触なり。 10/9 昨日の続き。 夕方、ハードコアのショウに行った。ネットでそれらしい単語で検索しまくって一件ヒット。XILEというニュージーランドのバンドのアジアツアー。キックボードでライブハウスまで走った。 地図が示す場所は大きな古いビルで、昔アルバイトでよく行った東京流通センターを思い出した。ライブハウスらしきものは見当たらないが、ビルの搬入口みたいなところにパンクス達が座り

​◼︎NEW
◼︎ARCHIVE
​◼︎SNS
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.