「ストレンジシード静岡2019」参加

静岡市街地を使った野外演劇フェスティバル「ストレンジシード静岡2019」に参加いたします。 演目などの詳細は後日発表。 ご期待ください! ストレンジシード静岡2019 【日程】2019年5月3日(金・祝)〜6日(月・祝) 【会場】駿府城公園、静岡市役所・葵区役所など静岡市内 【料金】予約不要・参加無料(一部要予約・有料のプログラムあり) 【参加アーティスト】 ままごとx康本雅子 梅棒 BATIK 範宙遊泳 ロロ 山田うん FUKAIPRODUCE羽衣 ホナガヨウコ企画 KPR/開幕ペナントレース 川村美紀子 いいむろなおき 壱劇屋 オイスターズ 劇団こふく劇場 ブルーエゴナク カゲヤマ気象台 劇団 短距離男道ミサイル 渡邉尚(頭と口) 突劇金魚 Mt.Fuji

次回公演『うまれてないからまだしねない』

2014年に東京芸術劇場で初演した代表作を、出演者をあらたにリクリエイションいたします。 地球に異変が起こり終末に向かう中で、環境の変化に翻弄されながら生きる者たちを、俳優の言葉・身体と文字や映像の対話で描く群像劇。 チケット公表発売中です! 範宙遊泳 『うまれてないからまだしねない』 作・演出|山本卓卓 出演|熊川ふみ 埜本幸良 福原冠 稲継美保 野口卓磨 松本亮 山崎皓司 山田由梨 油井文寧 銀粉蝶 2019年1月31日(木)〜2月3日(日) 本多劇場

掲載「GINZA」2月号(マガジンハウス)

発売中のマガジンハウス「GINZA 2 月号」今月のキュリオシティ-興味津々、週末どこ行く?-のコーナーに『うまれてないからまだしねない』がオススメ作品として掲載されました。 書き手はライターの小川知子さん。 ぜひご一読ください。 STAGE|現実と物語の境界をぼかす、演劇の可能性

​◼︎NEW
◼︎ARCHIVE
​◼︎SNS
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Theatre Collective HANCHU-YUEI

 2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。

 現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族、など物語のクリエイションはその都度興味を持った対象からスタートし、

より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。

 近年は舞台上に投写した文字・写真・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、中国、シンガポール、ニューヨークで公演や共同制作も行う。

 『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

090-6182-1813(制作)

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© Copyright 2017 HANCHU-YUEI All rights reserved.